北海道地震、災害時は自分ができることをする

*思うこと

 

災害地域以外の方は、日常生活を送ることで、経済を回すお手伝いができる


こんばんは!

八王子のパラジェル認定ネイルサロン、たゆnailオーナーのたゆ(@tayunail)です。
北海道地震のニュースは、震度7と大きなもので、今なお日本全体を揺るがせていますね。

大好きな北海道、お客様のご実家やご家族がおられるところでもあります。

胸がいたみますが、、
そんなときこそ「自分のできることをする!」に限ります。

 

具体的にすぐに誰でもできることを書きます。

それはすごく簡単なことで、
災害地域以外にお住いの方は、日常生活を崩さないこと。

 

特に、大きな災害が起きた時は、何かと自粛ムードが漂いがちです。

買い物を控えたり、お祝いを控えたり、
地域によってはそのようなお考えのところがあるかもしれません。

ですが、災害地域にすぐに飛んで行けなくても、簡単にできることがあります!

 

ニュースで胸をいためるだけはなくて、
日常生活を送って、日本経済を回すのです。

それが、必要なところにお金が届くようになる近道だと、
わたしは考えています。

コンビニ、スーパーでお買い物するもよし。
イベントに参加するもよし。

わたしたちの使ったお金が、日本経済をうるおすのだと思います。

 

信頼できる機関に寄付をしてみる

周りのステキな方たちの影響で、
最近、少しずつ支援側に回れるようになりました。

今回は、こちらのCampfireさんから支援金を送りました。

CAMPFIREで「【2018年9月6日発生 北海道地震】緊急災害支援金」の
パトロンになりました!

 

支援と言っても、微々たるものなのですが
積み重なれば大きなものとなると信じています。

行動するのは、少しの勇気と手間暇。

最近お弁当生活にまた切り替えたので、
お昼代を支援に回せますね。


コンビニやスーパーの募金箱から、ついでに募金


コンビニやスーパーなどでお買い物した際、
少額から小銭の募金もできます。

お買い物のついでに小銭を少しから。
できることはたくさんあるはずです。

偽善と言われようとも、

あなたの目に留まったということは
できることがあると気が付いたはずです☆

わたしも、好きな人の発信から
色々なことができるんだ、ということを学びました。

大好きな日本、穏やかな生活をまた送れますように。

コメント