*耳より情報シェア

相手に伝えることの大切さ

伝えることで、相手に気が付くチャンスを与える

 

わたしの周りには気持ちの優しい人が多くて、
つい、自分が我慢したらよいかな、
と耐えてしまう話をよく聞きます。

img_2040

例えば、嫌なことをされたとき

不快な気持ちになったときは

無理にニコニコせずに、
わたしは悲しい気持ちになったよ、
と相手に伝えることが大切です。

じゃないと、相手は気がつかないから。
(言っても話が通じない人もいる)

 

You、のメッセージじゃなくて、I、で話す。

You、「あなたに◯◯されたせいで、」ではなく

I、「わたしは◯◯で、悲しい気持ちになった、だからやめて欲しい」

で話します。

 

気持ちにフタをしてしまうと、心が死んでしまうし
楽しくないのに無理して笑う必要もない。

I、のメッセージは、意外と相手にダメージを与えます。

「あなたに◯◯された」よりも
「わたしは◯◯されて、悲しい。」の方が、

相手を傷つけてしまった、
と気が付きやすいみたいです。

 

我慢をして、身体を壊してしまったり
心のバランスを崩してしまう人もいるから、

【相手に気がつくチャンスを与えている!】
と思うと、お話ししやすいかもしれません。

嫌がらせをされたり、
不快に感じることは
身近な人にグチるよりも
相手や上司に報告しましょう!

グチって自分の気持ちがモヤモヤするより、
現実的に出来事が進展するかもしれません☆

たゆnail &にこにこ保育ルーム

 

 

 

 

 

ツールバーへスキップ