*思うこと

営業電話、これからの時代も必要?

営業電話、アポなし訪問が嫌い

こんばんは!
八王子のネイルサロン、たゆnailのオーナーたゆ(tayunail)です。

個人的に、これからの時代、

営業電話をかける必要のある仕事は
淘汰されて無くなるのではないか?と思っています。

img_2226

というのも、路面店に移転してからというもの
営業電話やアポなし訪問の多さに嫌気がさしているから。

主に時間は夕方前を狙っているようで、
あの手この手を使って
営業さんたちはやってきます。

基本的に、わたしは営業電話は秒で切ります。

(スタッフにびっくりされるくらい、5〜10秒で切る)

「ご用件は何でしょうか?結構です、失礼いたします」
これで5〜10秒。

ヒドイ、話くらい聞いてあげたら、
と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、
多いときには1日に3件ほど来る営業さん達。

お1人あたり10分使ったとしたら、1日に30分。

もしこれが1ヶ月続いたとしたら、900分、
なんと15時間もムダな時間を消費してしまうのです。

わたしは時間を奪われることが何よりもイヤなので、
(好きじゃない人と話すのもイヤで、したくないとさえ思っている)
すみませんが、うちのお店に営業は不要です。

 

営業電話、アポなし訪問の断り方

 

サロンを構えていらっしゃる方は、
営業電話とアポなし訪問の
断り方に悩む方も多いと思います。
サクッと断る3つのポイントは、

*嫌われる勇気を持つこと
(むしろ嫌われた方が電話がかかってこなくて良い)

*話を長引かせない、話を聞かないでこちらの要件を伝えて切る
(話を聞いてるくれる人は、再度狙われます、再度かかってくるリスト入り)

*迷いを見せない
(応酬話法といって、Aと言ったらB、というマニュアルがあるので、
下手な断り方をしない方が良い)

です。
アポなし訪問も同じで、
不要の旨を伝えて即お帰りいただくに限ります。

わたしも営業経験があるのでわかるのですが、

接触回数や接触時間を相手は数えているもので、

頻度が増えたり、時間が伸びるほど
成約率が上がるデータがあります。

世間話から契約に至るのはそのためなので、
不要なものはきっぱりと早い段階でお断りした方が良いです。

即断ることで、相手にもメリットがある

焦らして焦らして1ヶ月寝かせて断るよりは、
5秒で断られた場合、
お相手にも他のお仕事ができる時間をつくることができます。

例えるなら、告白したのに、
返事が1ヶ月こなくて、

「結局断るんかい!早よ言えー!」

となるような感じです。笑

なので、わたしは秒で断っています。

良い仕事で選ばれる

img_0769

どのお仕事にも共通しているなと思うのが、
良いお仕事は、勝手に広まる。

ということです。

口コミは1番ハズレがなくて強いなと思うし、

自然とお話したくなるお店やお仕事は
つい足を運んでみたくなるし、

調べてお願いしたくなりますよね。

営業さま達には、
お仕事お疲れ様です、と心の中で祈りつつ

必要のないことには、
きっぱりとお断りするのをおすすめします。

たゆnail &にこにこ保育ルーム

ツールバーへスキップ